くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

1日5分がなぜ続かない?

1日5分で身につく英語。

1日5分で痩せるダイエット。

1日5分で肉体改造。

1日5分で東大合格。

1日5分で営業トップに。

1日5分で•••。

1日5分で•••。

 

1日5分を謳っているものたくさんありますよね。

 

今日はそんなお話。

 

みなさんは、何か毎日、ルーティンで努力をしていることありますか?

いまはやっていなくても、過去に色々と行なっていたことはあるのではないでしょうか。

 

僕の場合は、筋トレだったり、ストレッチだったり、英語の定型文を覚えることだったり、家計簿をつけることだったり、毎日やろうと決めたことはこれまでにもたくさんありました。

 

でも、いまも続いているのは•••、ゼロです•••。
いやはや、何ともお恥ずかしい•••。

 

全部が全部、いまも毎日続けていたら、きっと今とはかなり違った人生だったことでしょう。

 

えぇ、人生とは「タラレバ」の塊で出来ています。

 

でもですね、ちょっと思うのは、なぜに続かなかったのか、ということです。

 

それぞれ、時間にしたら5分ぐらい。
筋トレだって鉄アレイやら腕立てやらでちょこっとしてたぐらいです。何も1時間みっちりカラダを動かしていたわけではありません。

 

1日の中の5分。

 

普通ならあっという間に過ぎてしまう時間です。
ぼぉっとしてるだけで、5分なんて簡単に消費できちゃいます。
その5分がなぜ続かなかった?

 

意思の問題というのも、もちろんあるでしょう。

 

「やる気スイッチ」はなかなか入らないのに、「やめるスイッチ」はすぐに入るんですよね。
機械の故障かってぐらい(笑)

 

でも、意思の問題だけで片付けるのもなんだかスッキリしない。

 

だって、1日5分ではないですが、ほぼ毎日やっていることもありますからね。
それは寝る前の読書です。

 

「本」は「本当」に好きで、というダジャレを言ってしまうぐらい好きで(笑)、読む本がないと落ち着かないので、「まだ読んでない本」は常に5、6冊ストックしています。

 

まぁ、本は娯楽だから続くのかも知れないですね。
娯楽は単純に「やりたいこと」ですから。

 

一方、トレーニングやら勉強は、どうしても「やらなきゃいけないこと」になってしまいます。

初めのうちは「やったるでー」と前向きに取り組めるのですが、次第に「やらなきゃいけない」ということに強迫観念が生まれます。

これがストレスの要因となり、続かないことに繋がっているんじゃないでしょうか。

 

また、本との違いで言うと、終わりがあるかないかと言うこともあるかも知れません。
本は終わりを目標に読んでいます。

でも、トレーニングや学びというのは、明確な終わりはありません。

マイルストーンを設定したとしても、そこを境に何かが変わるわけではありません。

 

例えば、ジムで100kg上げることをマイルストーンに設定したとしても、そこをクリアしたところで、やることは何も変わりません。

次のマイルストーンへ向けて、日々のトレーニングが同じように続いていくだけです。

 

学びに関してもそうです。

受験勉強や資格取得は明確なゴールがあるので別として、少し自分のスキルをあげよう、といった場合は、目標がぼんやりとしてしまい、学びは長続きしません。

 

ちょっと英語が喋れると良いなぁと英会話を始める。

マネジメント能力を高めるためにセミナーに通う。

エクセルやパワーポイントのスキルを高めるために独学で勉強する。

 

けれども、いずれの場合もスタートの時点で動機がぼんやりとしているので、当然、ゴールもマイルストーンもぼんやりとしている。

結果、目標を見失って長続きしなくなっていきます。

 

もちろん、英語をマスターして留学する、外資系の会社なので、本国とのやり取りに活かす、と言った明確な目標があるとまた違ってくるとは思いますが、でも、そういう人は1日5分で済まそうとはしないですよね(笑)

 

そう、そもそもが、1日5分で済まそうと言う考えだから続かないんじゃないでしょうか。

 

おまけに1日5分だと成長が微少。

 

ジムでカラダを動かしても、筋肉が付くのは時間がかかります。

一気に二倍のパワーが付くわけありません。

ダイエットだってそうですよね。

一気に10kg減るなんてことはありません。

いつの間にかやめてしまうのは、効果が出てるのかどうか分からないぐらいの進捗なので、達成感が感じられず、なかなかモチベーションが保てないというのもあるのではないでしょうか。

 

そう、結局のところ、1日5分で〇〇と言うのは、みんなが飛びつきやすい広告の売り文句でしかなく、みんなが飛び付きやすいかわりに、みんなが飽きるのも早いとも言えるのではないでしょうか。

 

1日5分で何かを達成したいなら、明確な目標とそれに対する明確なスケジュール、マイルストーンの設定が必要です。

やっぱり何事も「ご利用は計画的に」なんですね。

そのことに気づいていれば、今頃、かなり違った人生だったことでしょう。

 

えぇ、人生とは「タラレバ」の塊で出来ています。

 (あ、なんか、デジャヴ)

 

うーむ、元号が変わるタイミングで、それを踏まえて、新しく何かを始めてみようかなぁ。

 

ではでは、また。