くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

モルモットを飼い始めるならこれだけは揃えておこう!!①

僕の家にはモルモットが二匹います。
初めはハリネズミが飼いたいなぁと思い、いろいろと調べたり、ハリネズミカフェなんかにも行っていました。しかし、どうやらですね、そんなには懐かないらしいということが分かりまして、断念した経緯がございます・・・。
顔なんかは本当にカワイラシイんですけどね。

 

で、一回膨れ上がってしまった“小動物を飼いたい欲”がどうにも収まらなくてですね、ハムスターやらモルモットやら、リスやら、フェレットなんかを候補にあげていろいろと検討していったんです。
そして最終的には飼いやすさと、懐きやすさでモルモットに決めて、飼い始めました。
いやぁ、もう本当に可愛くて、毎日、癒されっぱなしです。

 

ただ、懐きやすさという点では、ペットショップのホームページに書いてあったことを丸々鵜呑みにしてしまったかな、というのはあるかも知れません・・・。
もちろん、個体差なんかもあるでしょうし、懐かないわけではなく、臆病すぎる故、というのもあるでしょうけれど。

ただ、その日の気分によっては膝の上に上ってきたりしますし、体をぴったりとくっつけてきたりもします。

 

さてさて、これからモルモットをお家に招こうかな、と考えていらっしゃる方に事前に買い揃えておいた方が良いものをご紹介いたします。
僕は、これらを全部、モルモットさんたちと一緒に購入したせいで帰りはかなり大変でした・・・。
なので、事前に準備しておくことをオススメ致します。
ゲージなんかも以外に場所を取りますから、事前に置いて確認しておいた方が良いです。

 

・SANKO シャトルマルチ85

そのゲージなんですが、僕は最初SANKOのシャトルマルチ85というのを準備しました。初めから二匹のモルさんたちを迎えたので、何も考えずに大きめサイズにしたのですが、その後の成長を見ると、もしかしたら一匹でもこれくらいあった方が、元気に動き回れて良いのかも知れません。
こちらは床がスノコではないのでウッドチップなどを敷き詰めてあげないと大変なことになります。
そう、モルさんはトイレを覚えることは稀ですので、そこら中で排泄します。
ですので、なにも敷かないと床がビチャビチャになってしまい衛生的によくないんですね。また、モルさんは湿気をとても嫌がりますし。
ペットシーツを敷いて、その上で直に飼っていらっしゃる方もいらっしゃるようですが、オススメはしません。モルさんは何でも齧ってしまうのでペットシーツも齧ってしまうからです。
もちろん、ペットシーツも、スノコの下に敷くなど、モルさんの届かない場所で使うのは問題なしです。

 

SANKO シャトルマルチ85
by カエレバ

 

一人暮らしや共働きのご家庭なんかだと、家に帰るとウンチとおしっこがゲージの中に散乱しているので、ゲージ内の掃除が毎日のタスクに加わります。
ウッドチップの濡れた部分を取り除いたり、ウンチを一つ一つ手づかみで取り除いたり。
これが結構大変なんですね。二匹分の一日のウンチとオシッコですから。でも、その大変さと比例して愛着も大きくなっていきます。

 

湿ったウッドチップを捨てていると、一週間で半分ぐらいの量に減ってしまうんですね。また衛生的なことを考えて、週に一回はウッドチップを全部新しいものに取り換えていたんですが、新品のフワフワのウッドチップを敷いてあげると、とても喜んでモキュモキュ言いながら飛び跳ねます。
それがとても見ていて幸せになります。モルさんの喜びは僕の幸せです。
ただ、ウッドチップは軽いものなので、モルさんが飛び跳ねるたびに部屋の中に飛び散っていくのですが・・・。

 

SANKO とびばこハウス

さて、そのモルさんのお家ですが、サンコーのとび箱ハウスを使っています。二匹で初めは一緒に使ってもらってたんですが、二か月もたつと二匹入るのが窮屈になり、今では一つのゲージの中で、それぞれ別々のお家を与えています。
赤ちゃんの頃のモルモットさんはそうでもないですが、体が大きくなってくると本当にとび箱のように上に載ってたりもします(笑)。

 

SANKO とびばこハウス
by カエレバ

 

モルさんのお家はやっぱり木製をオススメします。
モルさんは一生歯が伸び続けるので、木をカリカリと齧って歯の長さを調整するんですね。お家が木だとそのための齧り木にもなります。齧り用の木も売っていて使用したことはありますが、ウチのモルさんはまったく見向きもしてくれませんでした。
その点、安心できるお家の中から顔を出し、入り口付近をカリカリできるので、こういった木製のお家がオススメです。

 

さて、再びゲージのご紹介です。
なぜかと言いますと、僕は飼い始めて三か月ぐらいでゲージを買い換えました。
その理由はですね、掃除の大変さです・・・。えぇ、先ほどは大変さと比例して愛着も大きくなっていく描きましたが、大変なのと楽なのを比べれば、やっぱり楽な方が良いですよね・・・。
あとはまだ体が小さいころだと床がスノコだと、穴に足を引っかけて骨折してしまうこともあるらしいんですね。なので、床がスノコではないゲージを最初に購入したのですが、ある程度体が大きくなってスノコの穴にも足を引っかけないんじゃないかというぐらいになってから、こちらに買い換えました。

 

・SANKO イージーホムエボ

お気づきかと思いますが、今まで紹介している商品はすべてサンコーさんの商品です。
もちろん、僕はサンコーさんの社員さんではありません(笑)。
小動物の製品に強いメーカーさんなんですね。
ペット用品売場に行くと犬や猫向けの売場が広がっていますが、その広さの分だけレッドオーシャンが広がっているとも言えます。
サンコーさんはその売場の中でも狭い場所を独占して、ランチェスター戦略で言うナンバー1になっています。

 

SANKO C62 イージーホーム エボ 80WH
by カエレバ

と、話がそれましたが、このイージーホームエボは床がプラスティックのスノコになっており、その下に排泄物はうまい具合に落ちるのですが、落ちたその先は引き出しになっていますので、毎日の掃除が1/50ぐらいに楽になります(笑)。
引き出しを出して捨てるだけですから。
この引き出しの中にペットシーツを敷けば匂い防止にもなりますし、引き出しの汚れを防ぐこともできます。
また扉も開閉式になってまして、ウチのモルさんたちはこの扉を開けておくと、勝手に部屋に出てきて走り回っては、勝手に戻っていきます。

 

ただ、ゲージを買い換えたと言いましても、モルさんたちは環境の変化に敏感ですので、慎重にした方が良いのかも知れません。
特に床材にウッドチップを使用していたのをスノコに変更にするので、これは和室と洋室ぐらい環境が変わります(笑)。
僕もまずはこのイージーホーム用のスノコだけを購入し、シャトルマルチ85の床に敷いて、スノコでも嫌がらないかの確認を二週間ほどしました。その結果、まったく嫌がる素振りを見せなかったので、買い換えることにしました。
今では(さきほども書きましたが)自由にゲージと部屋の中を行ったり来たりして我が物顔で家族の一員となっております。

 

次回はモルさんの食べ物について紹介します。

www.kurukurubiyori.com


ではでは、また。