くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

モルモットを飼い始めるならこれだけは揃えておこう!!②

前回はゲージやモルさんのお家についてご紹介いたしました。
今回はモルさんの食べ物についてです。

 

前回はコチラ。

www.kurukurubiyori.com

 

僕も初めは飼う前にいろいろ調べるまでは、正直、モルさんが何を食べているのか知りませんでした。
ハムスターみたいにヒマワリの種を食べてるイメージでした。
でも、モルさん、ヒマワリの種は食べません。
もちろん、もしかしたら、あげたら食べる子もいるかも知れないのですが、脂肪分が多すぎるのであげないようにしましょう。モルさんは繊維質をエネルギー源としているので、脂肪分は必要ないのです。木の実なんかもそうですね。リスとは違って冬眠しないので、エネルギーを蓄えておく必要はないのです。

 

では、何を食べているかと言うと牧草とペレットです。
たまに野菜もあげたりしますけれども、基本的にはこの二つです。
メインは牧草ですね。24時間食べておける状態にしておくのが望ましいです。モルさんは必要ないとなったら食べませんし、お腹がすいたら食べます。自分で調節できるんです。ただ、大抵食べてますけど・・・(笑)。

 

牧草の何が重要かと言いますと繊維質です。
モルさんの調は体の大きさに比べるととても長く、繊維質消化能力も高くて馬に匹敵するようです。またその繊維質を腸内細菌が分解して作り出したVFA(揮発性脂肪酸)はモルさんにとって重要なエネルギー源になるのです。
同時に繊維質は盲腸の腸内細菌の栄養源であり、腸内細菌によるせんいの発酵で、有害微生物の増殖を防いでいます。

 

とりあえず常に食べておける状態にしておきましょう。
ただ、牧草の種類で迷うのがチモシーかアルファルファかという部分です。
チモシーは繊維質が豊富でカロリーが低いのが特徴です。モルさんもある程度の年を取ると健康のためにカロリーを気にしてあげないとなりません。太ったりしていると、チモシーメインにしてあげると良いでしょう。
一方、アルファルファはタンパク質やカルシウムが高く、成長を促すので子供のころにあげるのが良いとされています。
一番良いのは、子供のころにアルファルファをあげて、ある程度の年齢になったらチモシーに変える方法ですが、モルさんは食べ物の好みがかなり激しく、気に入らなければどれだけお腹がすいていようとも食べません。なので、チモシー→アルファルファの切り替えが上手くいかないとかなり大変です。
そこで僕が結論として出したのは、最初からチモシー。ただアルファルファはペレットなどで補完、というもの。なので僕は最初からチモシーです。

 

モルさんは食べ物の好みが激しいと書きましたが、ウチのモルさんはそこまで好き嫌いはなく、あげればなんでも食べます。なので牧草も色々変えてみても好き嫌いなく食べています。
色々試した中で落ち着いていまはこれを固定にしています。

 

・ハイペット パスチャーチモシー

牧草もチモシー/アルファルファの他にも、ショートかロングかという選択肢もありまして、ウチも色々試しましたがロングで落ち着いています。シヨートだと床にちらばってその上でモルさんが排泄をして、無駄になってしまう場合が多いんですよね。ロングだと散らばることもあまりないですし、食べ応えみたいなのもの見ているとあるような気もします(あ、これは、ただそんな気がする、という程度です。笑)。

 

ハイペット パスチャーチモシー 450g
by カエレバ

 

・ひかりモット

さて、モルさんですが、牧草だけでは足りません。ビタミンCが体内で作れないため、常に外部から接種しないといけないんですよね。
なので、ビタミンCが入ったペレットをサブフードとして朝、晩あげています。
こちらのペレットは本当に好きなようで、袋を開ける音がした時点で二匹してキューキュー興奮しながら、ペレット用のお皿の前までやってきます。
ちなみにこちらのペレットの原料にはアルファルファも入っていますので、タンパク質やカルシウムはこちらで接種してもらっています。

 

ヒカリ (Hikari) ひかりモット 400g
by カエレバ

 

・サンコー ビタミンCサプリ

ペレットでビタミンCを接種していると描きましたが、こちらも補完的に使用しています。
錠剤のような見た目で初めは食べてくれるかな?と心配したのですが、そんな心配も杞憂でした。
食いつきが大変よく、ペレットよりもこちらの方が隙見たいです。
こちらも袋を開ける音で反応し、二匹そろってゲージの網から口だけを出して欲しがります。
ゲージの扉を開けていると、自分から出てきて、膝の上までせがみにやってきます。
与えるとポリポリと噛みながら美味しそうに食べます。
モルさんが美味しそうに食べてる姿は本当に可愛くて見ているこちらが幸せになります。

 

SANKO ビタミンCサプリ
by カエレバ

・モルモット-わが家の動物・完全マニュアル8 保存版

さてさて、最後は食べ物ではなく本です。
モルさんと一緒に暮らすとなるといろいろと分からないことも多いですよね。
こちらの本は少し古いのですが、初心者でも気を付けたり、知りたいことや、モルさんの病気のことなどが詳しく書かれていて、とても勉強になりました。今でも時々、読み返しています。
こちらはモルさんをお家に迎えるにあたって必須な本だと思いますのでぜひ読んでおいて頂きたいです。

 

モルモット-わが家の動物・完全マニュアル8 保存版 (スタジオ・ムック―アニファブックス-わが家の動物・完全マニュアル-)
by カエレバ

モルさんは臆病で、猫や犬みたいな懐き方はしませんけれど、世話をしたり、驚かせないように優しく接していたりしていると、いつしか信頼関係が築かれていき、モルさんも心を開いてくれます。
そして心を開いたモルさんたちはいろんな顔を見せてくれます。
思いのほかモルさんは色々と饒舌に喋ってくれます。
鳴き声で何を求めているのか、何を嫌がっているのかも分かるようなってきます。
モルさんを飼おうかどうしようか迷っているなら、飼い始めることをおすすめします。
とても可愛く、癒されます。
そして、それ以上にモルさんからの愛情ももらえます。

 

ではでは、また。