くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

「で、amazonプライムって結局本当にお得なの?」「えぇ、お得です」

少し前にFSP(フリークエントショッパーズプログラム)について書きました。
www.kurukurubiyori.com

 

FSPについて簡単に書くと、ポイントサービスありますよね?
あれです。
「ヘヴィユーザーほどポイント還元されてお得です」というサービスなんですが、決してそれってただのポイントでの囲い込みで終わってはいけないんですね。
ポイント還元だけだと単純にエブリデーロープライスで値引きをしているだけですから。
ポイントという販促費を用いて、顧客情報の入手と顧客の購買行動の入手を行ない、それをも基にマーケティングをして、品ぞろえやサービスに反映させ、さらなる売上に繋げる、という仕組みなんです。

 

家電屋さんは必ずといって良いほどそれを行っていますし、楽天ポイントやポンタポイントなんかだと、複数の企業で一つの商圏を作り上げているというものもありますよね。

 

でも、amazonってポイントが付くから購入する、という動機はほとんどないんじゃないでしょうか。
一応、amazonポイントというものもありますが、あれ、ほとんど貯まりませんよね?

 

そう、amazonは別の方法でFSPを行なっているんです。
それがamazonプライムです。

ポイント還元でのお得感よりも、もっと大きなお得な特典を与えて囲い込みをしています。

 

 

ここにビックリする数字があります。
アメリカの総人口は約3億人です。
そのうちの何と約9,000万人がamazonプライム会員なんです。
およそ30%。
三人に一人と言う数字ですが、この総人口には赤ちゃんやお子さんも含まれていますので、実際の購買ターゲット内のシェアとしてはもっとパーセンテージは高くなっているはずなんですね。
で、そのプライム会員の転換率は実に74%。そう、amazonに訪問した人の4人のうち3人が何かしら購入しているのです。
プライム会員でない人の転換率は13%なので、プライム会員と言うのは他社、あるいは他のモールとの比較検討をせずに購入していることが分かります。

 

それはなぜか。
FSPが成功しているからなんです。
しかもポイント還元ではなく、もっと他ではマネできないやり方で。

 

実際、僕もamazonプライム会員です。
プライム会員になった経緯なんですが、ひと月無料のキャンペーンに登録したんですよ。

ちょっとお試しでプライム特典を受けてみようかな、と。
しかし、これ、自分で解約しなければ、ふた月目からは自動で有料のプライム会員が継続されてしまうという、よく考えたら、良いのかこれ?というキャンペーンだったんですね。
しかも、当時はプライム会員は一年ごとの登録だったので、それから一年間は否が応でもプライム会員でした。

 

で、どうなったかと言いますと、それからずっとプライム会員です。
やっぱり特典が年会費に対してとても大きいんですね。
もっとも、今ではそのお得感が当たり前になってしまって、得してる感がなくなってきていますけれど(笑)
例えば旅行に行って、綺麗な景色を見ると始めは感動もしますよね。「うわ~、すごい!!」とか言いながら写真撮りまくって。でも、そんな綺麗な景色ばかりをずっと見ていると、旅行の後半にはその感動もなくなり、写真を取るのも煩わしくなってくるみたいな感じです(笑)

 

 

じゃあ、いったいamazonプライムの何がそんなにお得なのか?というのを改めてまとめてみました。

 

まずは料金ですが年間で3,900円(税込)です。月々だったの325円!!
それで以下のような特典が受けられます。

 

・送料無料&お急ぎ便

amazonから発送される場合、注文金額が2,000円以下の場合、通常だと400円の送料がかかるんですね(北海道・九州・沖縄・離島は+40円)。
プライ会員だとこれが無料。
しかもですね、お急ぎ便や当日お急ぎ便、日時指定がなんかも無料なんですよ。
ちなみにお急ぎ便と日時指定は通常だと+500円かかり、当日お急ぎ便だと+600円かかります。

朝の通勤電車の中で購入した本が、家に帰っていると届いている。それが当たり前になってしまっているので、やっぱり購入する際のファーストチョイスはamazonになってしまいます。

 

・プライムビデオで見逃した映画が見放題

僕はドラマはあまり観ないのでもっぱら映画ばかり観ていますが、えぇ、追加料金なしで無料で動画コンテンツを楽しめます。もちろん、映画にしても全部が全部と言うわけではなく、レンタルショップには並んでるのにプライムビデオでは観れないものもございます(新作なんかは特にそうかも)。


それにしたってタダで観れるわけですからね。しかも「ドキュメンタル」なんかのamazonオリジナル作品なんかもありますしね。

 

 

僕が、最近観たのは、「ボーダーライン」というドゥニ・ヴィルヌーヴの骨太映画と、レジェンダリー版の「ゴジラ」です。トライスター版の「ゴジラ」はそもそも観る気が起きなかったのですが、レジェンダリー版は観かったのに見逃した作品でした。
そして、「ボーダーライン」はドゥニ・ヴィルヌーヴ作品にやっぱりはずれなし、という見ごたえのある映画でした。

 

ちなみに観るデバイスですが、FierStickなら自宅にあるテレビで観れますが、僕は手軽にタブレットのFireで寝転びながら観ています。イヤホンを付けて観ること多いですが、デバイスそのものからの音も悪くはないです。

 

・amzonミュージック

音の件で言いますと、プライム会員ですと、100万曲以上が追加料金なして聴き放題です。
こちらも聴きたい曲が必ずあるとは限りませんが、かなり幅広い音楽を聞くことができます。
「日曜日の朝に聴く曲」、「晴れた朝に聴きたい曲」といったテーマでまとめたプレイリストも用意されているので、手軽に気分に合わせてBGMとして使用できます。
自宅での仕事中に僕はこれを流しています。
何度も言うように、プライム会員なら、これタダなんです。

 

 

・Amazonフレッシュ

これにつきまては、まだまだ地域指定があるので、日本全国どこでも利用できるサービスではありませんが、我が家でもこちらは利用させて頂いております。
生鮮食品を届けてくれるサービスですね。朝8時〜深夜の0時と受け取り時間の幅が広いのもとてもありがたいです。

 

他に幾つか特典はありますが、主要なところは以上でしょうか。
アパレルで無料の試着サービスなんかも始まりましたが、まだ利用していないので何とも言えませんが、アパレル用品の最大の不安な点はサイズなので、そこをクリアするような流れになるとやはり大きいですよね。

 

以上がamazonプライムでお得になる点でした。
個人的には一番お得感を感じるのは配送と映画ですかね。

 

ぜひともプライム会員を一度は経験してみて下さい。

ではでは、また。