くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

ハンコを購入する際のポイントについてのあれこれ

さてさて、突然ですが、みなさんはハンコを購入する際に、これは外せないといったポイントなどはありますでしょうか。
今回はハンコを購入する際にどんなポイントを重視して選ぶべきなのかを紹介させていただきたいと思います。

 

 

ハンコの種類とその用途

ハンコには主に「実印」と「銀行印」と「仕事印」の3つがあります。
まぁ、その名前の通りなのですが、用途によって使い分ける必要があるのです。
言ってればゴルフのクラブと一緒ですかね?色々な場面で使い分ける。
なんて言ってみましたが、僕はゴルフはしたことがないのですけれど・・・。

 

それはさておき、まず「実印」なのですが、このハンコの場合は他の2つとは違い特別なものなのでお店に訪れてレジで購入すればそれが「実印」とすぐに決まるようなものではありません。
この「実印」の場合はハンコの専門店などで実印用のハンコを購入した後に、それをもって近くの市役所まで足を運び印鑑登録を済ませて印鑑証明を受けたハンコになるんですね。
で、実印と言うのはマイナンバーカードみたいにですね、1人1つまでの登録になるために家族で兼用などはできないですし、家族でも別々に持っておく必要があるんです。

 

そんな「実印」の用途としましては、金融機関とのローンを組む際に使用したり、土地や建物などの売買契約、遺産の相続時、会社を設立する時にも使用されます。
その方の意思を伝えるためのとても重要なものとなるんですね。
車を購入の際に使用したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

次に「銀行印」なのですが、これは文字通り主に金融機関などで契約をする際に用いられる、金銭面全般で必要になります。
ただ、これ、「実印」のように決まったものをこのように呼ぶのではなく、自ら「銀行印」と決めたハンコがこの呼び名となるので、金融機関などの契約の際に使用されたハンコが必然的に「銀行印」となるのです。
えぇ、自称です。
認印なんかや、日常的にお仕事などで使用するものとは別に、「銀行印」として1つハンコを持っていた方が良いです。

 

最後に「認印」なのですが、その名の通り何かを認める際に使用されるハンコのことをいいます。
例えば一般事務などで自分の証明が必要な場合や、経費なんかの届出の際に必要な書類、または配送物なんかを受け取る際に使用するためのハンコとなっております。
「実印」や「銀行印」のような用途とは違いますが、本人が確認して承認しましたという意味で捺印したという証明になるので、このハンコもとても重要な役割があります。
日常生活の中で1番使用することの多いハンコなので、デザインなども自分が1番気に入ったもので作られた方が良いかと思います。

 

ハンコの材質

ひとくちにハンコといっても、実に様々なもので作られています。

ハンコの材質は、印材と呼ばれます。

プラスチックや木材、石材、動物の一部、最近では金属なんかも用いられていますね。ただ、主流となっているのは、牛の角や木材です。

大まかなものを紹介すると、木材では柘(つげ、つげの木と呼ばれる硬い木材で、鹿児島や伊豆など国産の本つげの他、タイ産のシャム柘があります)、白檀(びゃくだん、古来から使用される香りの高い高級木材、線香などにも同じ名前の物があります)、楓(耐久性があり実用的)、黒檀(こくたん、耐久力がある高級木材)があります。いずれも風合いが美しいのですが、数十年と使用すると欠けが生じることもあるので、実印には、やや不向きな面があります。


石材は、水晶や瑪瑙(めのう、オパールの一種)があります。他にも様々な石材が印材として使用されますが、耐久力や重さなどに難点がある場合もあるため、普段、我々が使うようなハンコには用いられることが少なく、芸術作品に用いる印(篆刻など)に使われることが多いようです。


動物の一部では、牛角白(うしのつのしろ、一般的なイメージの牛の角から取られる。かつてはオランダ水牛と呼ばれた印材)、黒水牛(アジアやアフリカの水牛から取った印材、丈夫で朱肉のインクも付きやすく、実用的ですが、日光にさらしすぎるとひび割れします)、象牙(高級な印材ですが、象自体の捕獲が厳しく制限されているため希少)などがあります。

強度もあり、朱肉のインクの付き方も良いと言うのが特徴です。

金属は、チタンが有名ですね。大変強固で腐食も少ないという特徴があります。また、まれにですがタングステンを用いることもあるようです。

認印などは、木材やプラスチックなどでも良いかもしれませんが、実印や銀行印、会社実印などは欠けにくい動物性の印材や、あるいは金属を用いるのが良いのではないでしょうか。

 

ハンコの押し方

ハンコを押す際には、しっかりと朱肉がにじむようなことがないよう鮮明に見えるように押したいものですが、なかなかうまくいかない時もありますよね。そんな時には3つの注意点を覚えておくだけで改善することができるのです。
まずは「捺印マットを使用する」という点です。固いテーブルの上などで直にハンコを押そうとすると、どうしても全体的に同じ力で押せずにかすれてしまったり朱肉がにじんでしまうのです。


しかし「捺印マットを使用する」ことでクッション代わりになりとても簡単にきれいにハンコを押すことができます。契約の際や自分の承認のためにハンコが必要な際には「捺印マット」を一緒に持参しておけば便利ですね。
何気に僕も職場用に自前の印鑑マットがあります。

 

次に注意するべき点は「朱肉の付け方」です。ハンコがかすれてしまったり、朱肉がにじんでしまうのはどちらも朱肉の付け方に問題があるのです。印面に朱肉をつける場合には、全体的にまんべんなく"力を入れ過ぎず"につけることがポイントとなってきます。


最後のポイントは「ハンコの押し方」です。まず印面を見て上下の向きや位置が揃っていることを確認します。そして実際に押す紙にハンコをつけましたら、両手で上から押し付けながら「の」の字を書くように回すことがきれいにハンコを押すポイントなのです。あまり焦らずにしっかり丁寧に押すのが良いです。

 

 

ハンコの材質

ハンコを選ぶ際には材質も重視した方が良いです。それはなぜかといいますと、自分が1番使用したい材質を選ぶことによって、ハンコを使用する際のモチベーションが違ってくるからです。


低価格のハンコを希望しているのならばかたい木から作られている「薩摩本柘」や、バーチ素材を使用している可愛らしい配色の「彩樺」をおすすめします。
あまり値段を気にしないのならば、男性の場合は黒水牛の角を使用している定番な黒いデザインの「黒水牛」や、スタイリッシュなデザインで少しの衝撃では割れない「チタン」がおすすめです。


女性の場合は白と茶でしなやかなデザインとなっている「オランダ水牛」や、樹木の透き通ったデザインが魅力的な「琥珀」なとがおすすめです。

 

と、さまざまなハンコを紹介させていただきましたが、その用途に合わせて、自分が1番使いたいと思えるようなハンコを持つことが重要なのではないでしょうか。ハンコを購入する際には、しっかりとじっくりとどれが1番しっくりくるのか考えてみても良いですね。