くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

ハンコはネット通販で買うのがお得?!ネット通販で買うメリットを紹介

さてさて、今回もハンコの話です。

ハンコを購入しよう、と思うとみなさんは何屋さんを真っ先に思い浮かべますか?
ハンコ屋さんはもとろんのこと、文房具店、100円ショップなどなどを思い浮かべるのではないでしょうか。
実際僕も東急ハンズが真っ先に思い浮かびます(笑。東急ハンズは何屋さんになるんでしょうね?雑貨屋さん?まぁ、それはともかく)。

そんな風に、実店舗で購入するイメージの強いハンコですが、最近ではネットでもハンコを買えるようになっており、ハンコ専門のショップも多く存在してます。

そこで、ネットでハンコを買うことのメリットや買い方について紹介いたします。

 

・ネットでハンコを買うメリットとは?

ハンコのネットショップでは、仕事で使うものから銀行印、実印といった重要な用途として使うハンコまで様々な用途に応じたハンコを購入できます。
また、ハンコだけではなくケースや、捺印マット、朱肉なんかの関連グッズも一緒に購入出来るので、ネットの通販ショップを活用することで1度にまとめて購入できることがメリットの一つじゃないでしょうか。
例えば、ハンコは購入出来たけどお店に好みのハンコケースがない場合は違う店に行く必要がありますけれど、ネットショップなら関連商品も一度に購入出来ますし、実店舗よりも品ぞろえが豊富だったりするところもあるので、自分好みのケースが見つかりやすいです。

そして、印材の種類が豊富な点もネットで購入することのメリットですかね。
実店舗では扱っていないようなチタンや宝石印鑑を取り扱っていたりととにかく商品の種類が豊富です。

実店舗だと取り扱っている種類に限度があり、一般的に選ばれる印材しか扱っていないといったケースもありますが、ネットなら豊富な商品種類から選択できるので、他の人とちょっと違うハンコが欲しいときには、ネットショップがとても便利です。

 

・実物を見ないで買うのは心配

とは言え、実物を見ないで購入するのは少し不安、という方もいらっしゃるかと思います。
届いてから失敗した、とか思うのはとても憂鬱ですからね。
やっぱり、ハンコは実際に店舗で見て買う方が良いんじゃないの?と思うかも知れませんが、ハンコのネットショップでも実物を見なくても安心して購入できる工夫がされています。

商品画像は実際に物を手に取ることが出来なくても実物に近い状態で掲載できるよう、高画質のカメラを使ってさまざまな角度で撮影しています。
さらに「印影プレビュー」と言うサービスを取り入れてるところが多く、実際に捺印した際にどのように仕上がるのか具体的なイメージをつかむことが可能です。
これけっこうありがたいです。

ハンコの失敗で多いのが実際に押したときに思ったような仕上がりで無いという点です。

これは実店舗でも実際に物を見たとしても押してからでないと分かりません。
印影プレビューを利用してどんな仕上がりになるかが分かれば、実物のハンコを見なくても失敗なく、安心して購入できますよね。

受け取りに関しても、どうしてもすぐに欲しい、という場合でも、追加料金を払うなどすれば対応してくれるところもありますので、急いでハンコが欲しい場合にも便利です。

 

・ハンコはネットショップで購入した方がお得

価格的に実店舗とネットショップのどちらの方がお得にハンコが買えるのかが気になる方もいますが、ネットショップの方が実店舗よりも価格が安い印象です。
中には実店舗の値段よりも半額で購入できるところなんかもあります。
これは制作方法が異なったりするのでなんとも言えないですけれど、そこまでこだわらないのであれば、品質が同じでも安い方が良いんじゃないでしょうか。

また、僕もそうなんですけれど、その場に売ってない少し一般的ではない感じを使っていたりすると、注文しに行って、作られたら受け取りに行く、という二回行かなきゃいけないんですよね。
ネットショップだとそれがなく、注文してそれが家に届く、というだけなので煩わしさもないのが特徴ですよね。

 

・あれ?でも、そもそも、ハンコって必要な文化なの?と

ハンコのことを書いておきながら、最後に否定するようでなんですが、ハンコ文化って必要な文化なんですかね?
だって、サインなら個人の筆跡が指紋と同じぐらいの法的効力を持ってますけれど、ハンコって誰でも作れるじゃないですか?それこそネットショップで。
だけれども、ハンコが個人の認証として扱われている。

うーん、何だか解せない。

実際にりそな銀行なども印鑑手続きの撤廃を進めていますよね。

 

そこで少し調べてみました。
ハンコ文化は中国や韓国、台湾なんかにもありましたが、今も続いているのはどうやら日本だけのようです。
とはいってもハンコ業界の先行きが明るいわけでもなく、上記のりそな銀行の件もありますし、最も優れた手彫り印鑑の材料だった象牙が1989年のワシントン条約で輸入禁止となったことも大きな影響としてあるようです。
最近の銀行では静脈登録で本人確認をしていたりもしますが、日本で唯一の印章業界誌『月刊現代印章』の真子茂・編集長がこう語っています。

日本でハンコがなくなる事態は考えにくい。ハンコは本人認証というよりは、“確かにこれに同意した”という意思表示の証拠としての意味が大きい。だから静脈認証や生体認証ですべて代替はできない。
意思表示の証拠として代わりうるのは『サイン』ですが、法改正など膨大な手間をかけてすべてサインに変えても、印章業界が損をして、得する業界はない。だから、誰もハンコをなくそうと本気では動かない。
週刊ポスト2016年7月22・29日号

 

うーむ、確かに。
結構、説得力ありません?
なくしたところで誰も得しないっていうところ。
その文化をなくしたところで誰も得をしないなら、まぁ、ハンコ文化も良いかな、と思ってしまいました。

 

ではでは、また。