くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

レンタルできるキャンピングカーがあるの知ってますか?

f:id:kay-mizu:20190323113406j:plain

キャンピングカーってどこか憧れませんか?
遠くまで行って、そのまま寝泊りができる。
移動できる秘密基地みたいですよね(笑)

 

でも、購入しようとすると価格も高いですし、普段使いに使用するというわけにもいきません。
どうしても二台目の車になってしまいます。

 

うーむ。なかなか手が出るものではないですよね。

 

さてさて、そんなキャンピングカーが手軽にレンタルできるの知ってますか?
(そう、普通のレンタカー屋さんだとなかなか置いていないんですね)

実は探すと結構あるんですね。
また、多少お店が遠くてもせっかくキャンピングカーを利用できるのです。
そこは公的交通手段を使って借りに行っても良いのではないでしょうか。

 

今回は、そのレンタルキャンピングカーを利用したというお話。

 

改めてキャンピングカーについて

キャンピングカーとはまるで家やホテルのような快適な空間がありますので、長距離のドライブになっても楽しく旅行をする事が出来ます。
車中泊は旅行がさらに楽しく感じられますので長期休暇なんかに旅行をする時に重宝出来る車です。
やはりその形状から通常の車を運転するのとは若干感覚が違いますが、これはすぐに慣れますのでご安心ください。
車種によってはシャワーもトイレも付いています。
ただ、トイレは汚物タンクを自分で処理する必要がありますので、できるだけ公共トイレを使用することをオススメします。
また、通常の車ですと、駐車中に電気を使いすぎるとバッテリーがあがるということもありますが、キャンピングカーはその心配はありません。
キャンピングカーにはメインのバッテリーとサブバッテリーがあるんですね。
メインの方は運転時に使用されるのですが、駐車時にはサブバッテリーの方が使われます。
なのでバッテリーがあがってエンジンがかからない、ということにはならないんですね。
ただ、もちろん無限ではありませんのでご注意を。
そのサブバッテリーも運転時に充電されますので、一日目に使い過ぎた!と言うときでもご安心下さい。


電源の注意点でいうと消費電力の大きい機器ですかね。
例えば、電子レンジ。車中泊の旅行にあると大変重宝する機器ですが、なにぶん消費電力が大きい。
あっという間にサブバッテリーがなくなってしまいます。
そんなときは、キャンプ場などにある外部電源を利用すると消費電力を気にせず使えるので、そういったものを利用するのも良いかも知れません。

 

そもそも車種によっては消費電力の大きい機器は使えなかったり、キャンプ場によっては外部電源がなかったりするので、事前確認は必須です。

キャンピングカーで調理はしなかったのですが、していれば楽しかっただろうな・・・、と後悔しています

さてさて、そんなキャンピングカーを僕が利用した時のお話。
僕が利用したのはロードクルーズさんの世田谷用賀店でした。
そこにあるのはレオバンクスという車種が一つのみです。
そう、お店によって借りれる車種が異なりますので、ご注意下さい。
また、は世田谷用賀店にあるのはその一台だけなので、借りる際には少し前から予約をしておくことをおすすめします。

 

そのレオバンクスなのですが、お店のホームページで車の内部が見ることができますが、かなりゴージャス。
最大で八人乗車でき(就寝は七名)、車内にはテーブルやイスが、ホテルかよっていう感じで設置されています。DVD付きのテレビもあったり、温水シャワーも付いています。
更にはキッチン体制がとても充実していて、シンクと二口ガスコンロがついており、冷蔵庫や電子レンジも完備されています。
そう、トイレ以外は、もうホントに車内だけで旅行が完結できてしまうんですね。

 

でも、そんなにキッチン体制が充実していたのですが、なんと僕はその旅行中、一度も車内で調理をすることをしませんでした・・・。
調理器具や食材なんかをまったく準備していかなかったんですね。
持って行くと荷物になるから、途中の100円均一のショップやスーパーやコンビニで買えばいいや、と思って。
そして、この「買えばいいや」は旅行が終わるまで実現されることはありませんでした・・・。
結局、面倒になって、外食やコンビニですませてしまったのです・・・。

 

車内で調理をしていれば、絶対に楽しい思い出が一つ増やせていただろうと思います。
えぇ、それはとても後悔しています。

車中泊で過ごす時間はやっぱり楽しい

車中泊で楽しいと思った事は、やっぱり夜の時間ですね。
お酒を飲みながら他愛のない話をしたり、都会では見えない星空なんかを眺めてみたり。
旅行に行くということですでに非現実的な時間を過ごしているのですが、更にホテルとはまた違った空間で過ごしているので、なんとも言いようのないワクワク感でした。
寝る際のベッドも背中が痛くなるということもなく、とても快適に睡眠できて翌日の運転も問題がありませんでした。

 

ただ、一番困った問題は毎回のように無料で駐車をするスペースが無かったと言う事です。
僕は出来る限りは下道で旅行をしていましたので無料で利用できる駐車場を探す事に苦労をしました。
道の駅がある地域は良かったのですが、やはり無い地域もありましたので大きな公園等の無料駐車場を利用していた事も多々ありました。
キャンプ場などがある地域は良いですが、山道がずっと続くような道になると休憩するスペースもありませんので車中泊は出来ません。
キャンピングカーなので、どこでも寝れるだろうと思っていたのですが、事前にどこで宿泊するのかを決めておく必要があるなぁ、と思いました。

 

キャンピングカーを利用するなら様々な物を持ち込む

キャンピングカーで旅行をすると言う事は当然、車中泊をする事になりますので必須のグッズから娯楽のグッズまで取り揃えておく必要があります。
娯楽はなくても問題はありませんが、旅行は楽しくないと勿体ないです。
必須のグッズとしては(これは旅行には絶対に持って行くと思いますが)やはりスマホやタブレットなどの電子機器の充電器です。
連絡手段としては必ず必要になりますので、万が一の時でも使えるようにしておく事が大切です。
僕は結局、最後まで外食やコンビニでしたが、調理用品や食器、食材なんかも絶対あると楽しいです。
山奥のお店などが無い場所でも、星空の下でご飯が食べられますからね。
食器なんかは洗う水が勿体なかったりするので、紙製のものの方が良いかと思います。
あとはゴミ袋ですね。これはさすがに必要だな、と思い、途中で45リットルの大きいゴミ袋を購入しました。
お子さんなんかと旅行する際には、アニメのDVDなんかもあると退屈しないんじゃないですかね。

 

まとめ

キャンピングカーで旅行をする事は非常に楽しいものです。
家族とも友達とも一人でも。
そう、僕は自転車が趣味なので、今度は自転車を載せて一人旅というのも悪くないな、と思いました。
気になる料金ですが、二泊三日で5万ちょっとだったと思います。
普通のレンタカーよりもやはり少し高めですが、宿泊費が浮くことを考えるとむしろ安いぐらいかも知れません。
利用金についてはシーズンや車種によっても変わってきますので、ロードクルーズさんのホームページで事前にシミュレーションして下さいね。

 

最後に。
キャンピングカーでの旅行は、運転する時間が長くなってしまう分、事故にだけは十分に注意して楽しい旅行を心がけて下さい。
睡眠不足での運転、無理な運転、無理な追い越しなんかは絶対にやめましよう。
ゆとりのある旅を心がけましょう。

 

ではでは、また。