くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

迷いますよね。電気ヒーターの種類とそれぞれのメリット・デメリット

みなさんは暖房器具は何をお使いですか。
エアコンの暖房機能も最近では電気代がそこまで高くはならなくなっているので、メインに使用されている方も多いのではないでしょうか。
僕もそうですね。ただ、エアコンの場合ですと、電源を入れてからしばらくたたなければ部屋が温まらないので、即効性のある電気ヒーターを併用しております。

そこで幾つかある電気ヒーターの種類と、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。
購入の際の参考になりますと幸いです。

 

ハロゲンヒーター

ハロゲンヒーターというのは、ニクロム線に電気を通して発熱させた、ハロゲンランプを使った暖房器具です。
近赤外線と遠赤外線の両方を、発生させています。
ハロゲンヒーターの1番良い点はスイッチを入れてすぐ温かくなるので寒い外から帰ってすぐ温まりたい時に重宝します。
水仕事した後で手とか冷えてるときなんかは、かざすとすぐに温まります。
ただ、ハロゲンヒーターは空気を温めるわけではないので(ハロゲンランプ部分が熱を放っているだけ)、広い空間より狭い空間の方が能力を発揮します。例えばトイレとか脱衣所とかですかね。
僕は朝起きた時にエアコンで部屋を温めようとすると時間がかかるので、ハロゲンヒーターの前で朝食を食べ、歯を磨き、着替えをします(笑)

 

デメリットは、消費電力が高いことです。長時間使うと電気代が多くかかるので、800w/400wなど消費電力を切り替えられる方が良いでと思います。400wでも充分に暖かいので、僕はあまり800wは使用しないですかね。
火を使わないのですが、強い熱が発生しますので、近くに洗濯物などを置いておくのはとても危険です。火災などの事故には気を付けたいです。
またハロゲンランプは電球と同じ消耗品で、寿命がくると使えなくなります。短いものだと3000時間で、長いものだと8000時間以上です。一般的には、5000時間が寿命の目安だそうです。

小型 ハロゲンヒーター 電気 ストーブ 家電 暖房器具 コンパクト ヒーター 遠赤外線 アンティークゴールド
by カエレバ

 

カーボンヒーター

以前は電気の暖房機器と言うとハロゲンヒーターが主流でしたが、最近はカーボンヒーターも普及してきました。
カーボンヒーターのメリットは、早く暖かくなる、ハロゲンヒーターに比べて範囲が広いということでしょうか。
一つ目のメリットは、ファンヒーターやエアコンは暖かいのですが、暖気を出すのに時間がかかります。
しかし、カーボンヒーターはスイッチをひねった瞬間から熱源部がオレンジ色になり、暖気が出ます。
遠赤外線でストーブに似た暖かさですが、ストーブよりもすぐに暖気が出てきます。
二つ目のメリットは、ハロゲンヒーターよりも遠赤外線の放出量が多いため、広い範囲で暖かいというメリットです(ただ、ファンヒーターやエアコンには劣ります)。

 

逆にデメリットもあります。高エネルギーの暖房機器よりも温める力が弱いこと。カーボンヒーターは空気を温める効果は弱く部分的に温める効果に優れている半面、それ単体で部屋全体を温める事は難しいかも知れません(もちろん部屋の広さにもよるかも知れませんけれど)。

山善 遠赤外線カーボンヒーター(900W/450W 2段階切替) 自動首振り機能付 ホワイト DC-S097(W)
by カエレバ

 

セラミックヒーター

セラミックヒーターというのは、電気の力でセラミックを発熱させて空気を暖めるヒーターのことです。
スイッチをオンにすると即座に風が出てきてすぐに暖まることが出来るので寒さに凍える必要がありません。
また、最近では加湿・消臭・空気清浄などの機能を兼ね備えているものも増えてきているので大変便利です。
なによりもコンパクトな設計なので場所を取られることなく暖まることができます。
特に朝のトイレや風呂上りの脱衣場でその効果をいかんなく発揮してもらえます。

 

ですがデメリットももちろんあります。
暖房能力は低めなのでリビングなどの広い部屋を暖めるのには厳しく、通気性の高い木造住宅や寒さが厳しい寒冷地では、室内が十分に暖まらないことがあります
そしてセラミックヒーター特有の"温風を出す"仕組みのせいで部屋が乾燥しやすくなり埃や塵も舞いあげやすくなってしまうため体への影響が良いとは言いきれないのです。

山善 セラミックヒーター(1200W/600W 2段階切替) ホワイト DF-J121(W)
by カエレバ

 


さて、それぞれに特徴があり、メリット・デメリットもあります。
エアコン、電気ヒーターの併用に合わせ、僕はそこにサーキュレーターも使用して空気を循環させるようにしています。
暖かい空気は上に溜まってしまうのですが、サーキュレーターで部屋全体の空気をかき混ぜれば、効率よく部屋を温めることができます。

更にそこに加湿器も加わり、僕の部屋の冬のコンセント事情はかなりひどい状態になりますが・・・(笑)

 

ではでは、また。