くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

迷いますよね。加湿器の種類とそれぞれのメリット・デメリット

さてさて、冬です。
乾燥の季節です。
乾燥するとウィルスが繁殖し、風邪をひきがちですね。
その予防のために加湿器の利用はとても重要。
みなさんのご家庭でも使用しているのではないでしょうか。

 

その加湿器ですが、幾つか種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあるんですよね。
今回は加湿器の「スチーム式」、「気化式」、「超音波式」の三つのメリット・デメリットを調べてみました。

買い替えや、新たな購入の際にご参考になればと思います。

スチーム加湿器

「スチーム」という名の通り、水を沸騰させた蒸気で部屋の中を加湿する機器になります。
子供時代に石油ストーブの上にやかんを置いて部屋を加湿していた。
まさにそんなイメージですかね。

 

関係ないですが、石油ストーブの上で焼いたミカンが滅法うまかった記憶があります。
本当に関係ないですね(笑)

 

スチーム式の良いところは、直接水が熱い蒸気に変わって部屋に拡散してくれるので、暖房効果もあり1石二鳥です。
水を入れるタンクも、水垢の掃除さえきちんとしていれば高温殺菌されるので、カビなども生える心配もありません。
ただ、いくら殺菌能力が高いといっても、普段のお手入れは大切です。
長期間放っておくと、吹き出し口にピンク汚れがついてしまったりします。
フィルターなど外せるものは外して洗浄し、タンク自体はクエン酸を入れた水をしばらく稼働して洗浄すると良いかも知れません。

 

しかし、デメリットももちろんございます。
加湿量が多いので朝起きると窓ガラスに結露がびっしり。
これがカビの原因になりますので、毎朝、窓の結露を布で拭くという作業が必要となってきます。

 

また、熱い蒸気が出てくるので、お子さんが触ってしまい、やけどをしてしまう可能性もあります。
お子さんだけでなく、ペットのいる家で床置きしているともしかしたら、危ないかも知れません。

 

あとは、気になる方は気になってしまうのが、お湯が沸く時の沸騰音。
僕なんかだと心地好いと感じてしまうのですが、気になって眠れないという人も、もしかしたらいらっしゃるかも知れません。

 

電気代に関して言いますと、超音波式や気化式と比べると、水を沸騰させるというエネルギー使うので、高くなってしまうのはしょうがないところ。
ただ、加湿能力が高く、殺菌能力があるというのは大きなメリットと言えると思います。

 

象印 スチーム式加湿器 EE-RN50-WA ホワイト 木造8畳 プレハブ13畳
by カエレバ

 

気化式加湿器

気化式加湿器はフィルターに水を通してファンを当て、水を気化させることで加湿させる加湿器です。
蒸気式加湿器と違いヒーターが内臓されていない分、電気代が抑えられるというメリットがあります。
もちろんヒーターが内臓されていないからといって、加湿機能が不十分なわけではなく、しっかりと湿度を保ってくれます。
使い方も水を入れるだけで使えてとても、簡単。
お子さんやペットがいる場合でもやけどなどの心配がなく安全にお使いいただけます。
また、加湿しすぎないところも特徴といえるでしょう。

 

とは言っても、広い部屋だと少し物足りなくなってしまうかも知れません。
そして、加湿に時間がかかったり、ヒーターがないため若干室内の温度が下がる可能性があることもデメリットと言えるかもしれません。
また、フィルターの清掃をちゃんとしていないと、カビや細菌が発生し、室内に飛沫する原因となりますので、お手入れは徹底しないといけません。

 

シャープ プラズマクラスター搭載 加湿セラミックファンヒーター ホワイト HX-G120-W
by カエレバ

超音波式

最近よく見かけるのはおそらくこの超音波式ではないでしょうか。
超音波によって水を微細な粒子にして放出する加湿器です。
スチーム式のように、モクモクと水の粒子が出ていますが、触っても熱くはないですし、この超音波式が出た頃は不思議に思ったものです。
気化式と比べると、より細かい粒子状にして水分を部屋に拡散させることができます。

 

メリットとしては、ヒーターを使わないので比較的価格が安いということがあります。
また、デザイン面でも丸っこいものから、木目調の棒状のものまで色々な形のものが出ていますので、インテリアとしても超音波式を選ぶ人は多いのではないでしょうか。
商品によってはアロマを入れて使えるものもありますしね。
また、熱い蒸気が出るわけではないので、気化式同様、小さなお子さんやペットがいると安心して使えます。

 

ただ、デメリットもあります。
タンク内の水を加熱しない超音波式はどうしても雑菌やカビ菌などが繁殖しやすい状態になっています。
殺菌や除菌のお手入れをしっかりしていても、完全に雑菌を除去することが難しいと言われており、その雑菌に汚染された水を部屋中に撒き散らしてしまうので,健康のトラブルに繋がることがあるので要注意です。

 

ottostyle.jp 超音波加湿器 uruoi+(うるおいプラス) クリア 【大容量4L/連続加湿最大(約)8時間】噴出角度360度 2つのノズル搭載
by カエレバ

 

さてさて、加湿器の種類を三つあげさせて頂きましたが、いかがでしたでしょぅか。
どれもメリット・デメリットがありますが、現在済んでいらっしゃる部屋も合わせて考えると選びやすいかもしれません。
気密性の高いマンションなどでは気化式や超音波式で良いかも知れませんし、気密性がそこまで高くはない木造のアパートなんかだとスチーム式の方が良いかも知れせんよね。
その辺りを踏まえて購入の参考になりますと幸いです。

ではでは、また。