くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

ル・クルーゼはやっぱりすごい!15年使ってみて実際良かった4つのこと!

lecreuset

僕は料理を作るのが好きだったりします。
とは言っても、そんなに難しい料理が作れるわけではなく、焼く、炒める、茹でる、煮る、揚げるといった単純な調理法しかできません。
レシピなんかも頭に入っているわけではないので、大体クックパッドさんに助けてもらっています。

 

さてさて、そんな料理の中で重要なのが、調理器具ですよね。
調理家電なんかもいまは便利なものが色々と出ていますが、今回紹介するのはル・クルーゼです。

 

ル・クルーゼとは

ル・クルーゼと言えば、フランス製鋳物ホーロー鍋を販売している憧れのロングセラーブランド。
「クルーゼ」とは坩堝(フランス語、るつぼ)という意味で、鋳型を使い作り上げる製法のことを指しています。
そこに「ル」という定冠詞をつけることによってこの社名、商品名になったそうです。
ル・クルーゼは鋳物ホーロー鍋のパオイニアであり、世代を超えて受け継がれる鍋です。

僕のル・クルーゼとの出会い

さて、単純料理しか出来ない僕が、どうしてル・クルーゼなんか持っているかと言いますと、えぇ、もちろん自分で購入したわけではありません(笑)
15年ほど前。その時にバイトをしていた飲食店のコック長が、取引先からどうやらもらったらしいんですね。
で、お店で使うには少し小さいので、誰かいるか?となり僕がもらいました。
正直、そのころにはル・クルーゼというブランドを知りませんでした(笑)
何だか、高そうなものをもらって嬉しい、ぐらいな感じだったと思います・・・。
その時にもらったものは白いホーロー鍋ですね。
こんなに長く使うとはそのときには思いませんでした。

 

一生モノのお鍋がほしいとお考えの方、ル・クルーゼの購入を考えている方に、15年使って見て僕が実際よかったと思うところをご紹介したいと思います。

 

実際に使ってみて良かった4つのこと

1.とにかく見た目がオシャレ

ル・クルーゼといったらやはりその見た目のオシャレさではないでしょうか。
チェリー・オレンジ・バーガンディ・・・。
カラーバリエーションも、目移りしてしまうくらい様々なカラフルな商品があります。

その見た目は、ただキッチンにあるだけで様になってしまうんですよね。
そのまま食卓に出しても良いですし、キッチンに出しっぱなしにしていても良い。
誰か来るときには、わざとキッチンに出しっぱなしにしてたりもします(笑)

2.おいしく炊き上がる

もちろん、そんなインテリア的な使い方ではなく、料理器具としてもやっぱり優秀なのです。
鋳鉄で作られた鍋なので、ゆっくりムラなく熱がまわります。
そのため、肉じゃがなどの煮物を作ると素材の甘み、旨みを引き出しほっこりとしたおいしさになります。
豚の角煮を作るとパサつきなくジューシーな仕上がりになります。
そんなに料理上手でなくてもなんだか料理上手になったかも!と思わせてくれます。

 

3.1台で様々な料理に使える

ル・クルーゼと言えばことこと煮込む煮物のお料理を想像される方も多いと思います。
しかし、思った以上に万能だったんです。
炊飯に使うとお米がふっくらとてもおいしく炊き上がりますし、揚げ物なんかにも使えます。
1台あれば揚げ物用の鍋や炊飯器も要らなくなる万能なお鍋なんです。

4.コスパ抜群!丈夫でずっと使える。

ル・クルーゼはやっぱり少し高いといイメージがあるのではないでしょうか。
僕も正直、改めて自分で買うかと言うと、この価格なら買わないかも、と思ってしまいます(笑)。
いや、でもですね、よく考えて下さい。
15年間、現役で働き続けてくれているんです。
安物だったら、何年かたつとダメになって買い換えないといけませんよね。
それを考えると安いお鍋を使いつぶしていくよりずっとコスパがいいのかなと思います。

 

以上が僕がル・クルーゼを15年使ってきて実際良かったなと思ったことです。
購入を迷っている方や、長く使えるお鍋を探していらっしゃる方も、ル・クルーゼはオススメです。
ぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。

ではでは、また。