くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

一日中、パソコンとにらめっこで猫背に拍車が!そこで試したこと

元から少し猫背なのが気になっておりました。
子供時代から姿勢が悪いと言われていた気がします。
そこに拍車をかけたのがパソコンというもの。
デスクトップならそこまでではないのかも知れませんが、ノートパソコンだとどうしても前かがみになってしまうんですよね。
長時間同じ体勢でいると、目が霞んできてしまい、画面近くに目を持ってこようとして、更に猫背になってしまう。
えぇ、悪循環です。

 

そこで今回は、僕が何人かの人に相談して試してみたことについてのお話。

 

「顎を引く意識」で猫背対策

まずは猫背の原因について考えました。
もちろん猫背の原因には様々なものがあり、人それぞれだと思いますが、その中でも多いのが私のようにデスクワークでの長時間の作業が原因の方が多いということ。
そんな話をよくいく整体のマッサージ師さんと話していたんですね。
すると「顎を引く意識」が大切だということを教えてもらいました。

 

確かに猫背になって作業している時って、肩が丸まり、そのせいで顎を前に突き出していることに気付きました。
そこで顎を引くことを意識して見ると、立っている状態でも座っている状態でも自然と猫背になっていないことに気がついたのです。
そう言えば、確かに写真を撮るときって「顎を引いて!」と言われることが多いです。
それって姿勢を良く見せるためだったんですね、とその時に思いました。

 

鏡を使って自分の姿勢をチェック!

とは言え、今まで顎を前に突き出す猫背のポーズが仕事中の標準だったものですから、それが1番楽な姿勢になっており、顎を引くことを意識していても気づけば元に戻っていることも多かったです。
特に仕事が忙しい時はどうしても意識するのを忘れてしまい、元に戻りやすかったですね。
気づけば猫背の状態で仕事が終わっているなんてこともありました。
そこで試してみたのが、自分のデスクの脇に鏡を置いていつでも自分の顎の状態をチェックできるようにすることです。
最初はまるでナルシストのようで嫌だなと思っていたのですが、周りにも「姿勢が悪くなるのを直したくて」と言うと変な目で見られることもなくなりました。
鏡も、そんな大きなものではなく、100円均一のメイク用品コーナーに売っているようなパカパカタイプの斜めに立てられるタイプのものを準備しました。
パソコンのディスプレイの脇に置いておけば、顎をチェックできる良いポジションになります。
やはり鏡があると目に見えて顎が引けていないのが分かるので、かなり意識するようになりました。
あまりにも見えてしまうので「あ!またできてない!」と自分にイライラしてしまうことさえありましたね。
それでも段々と鏡を意識しなくても顎を引いている時間は伸びていったので効果はあったのではと思います。

 

ヨガブロックも効果ありです

さて、仕事中は鏡を使いチェックしていたのですが、家に帰るとストレッチなんかもしていました。
元々は、股関節を伸ばしたり、前屈をしたりするストレッチをしてたのですか、それに加え、ヨガブロックによるストレッチも始めました。
これはスポーツジムのインストラクターさんに聞いたからです。
ヨガブロックというのは直方体の柔らかい枕みたいなもので、ヨガやピラティスに使用するものです。
これをですね、寝転んで肩甲骨の間に置いて深呼吸をしていきます。
深呼吸を数回繰り返した後に腕を上に伸ばしたり、横に広げたりして肩関節周辺をほぐしていきます。
そのまま腰の方まで下げていき同じように深呼吸をしていきます。
このヨガブロックを背中に置くことによって肩関節が外側に思いっきり開きます。
それによって猫背の原因である肩がまっすぐになるので、自然といい姿勢をキープできるようになります。
しかしこれは一時的な矯正であって毎日やった方が良いですよ、とジムのインストラクターさんから言われました。
そこでここ数か月、毎日ヨガブロックを使用しているのですが、かなり改善されているのでは、と思います。
もちろん、平行して顎を引くことを意識していることもあるでしょうけれど。

ヨガブロック ピラティス ストレッチ トレーニング 軽量 高密度EVA素材 初心者 サポート 2個セット (オレンジ)
by カエレバ

 

立ち姿の矯正で猫背を改善

これは職場の人に教えてもらった方法ですが、結構効果あるな、と感じています。
壁にまっすぐ立って姿勢を矯正する方法です。
かかとを壁につけてお尻、肩、頭をつけます。
ここから大きく深呼吸をした時に膨らんだ腰付近が壁に付くようにするというトレーニングです。
猫背の人の呼吸はものすごく浅いのでしっかりと吸ってしっかりと吐くことで胴体を空気の量で動かし、猫背を改善できるらしいです。

家でも仕事の休憩時間でも手軽にできますし、これは個人的には結構効果があるように感じました。

 


もちろん、いずれの方法も「個人の感想」であることはご理解下さい。
少しでも、みなさまの参考になればとても幸いです。

 

ではでは、また。