くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

出産祝いでもらって嬉しいのは何?

さてさて、先日、結婚祝いをあげることとなり、何をあげればいいかなぁ、と色々と悩んでいました。
そこで何人かの人に聞いたんですね。
実際にもらって嬉しかったものって何だった?と。
家電や食器類などあれやこれやと、色々出ては来るんですけれど、結婚祝いにもらったものって結構ぼんやりとしているみたいで、これだ!というものがなかなか出てこない。
で、みなさんの話は大体、もらって嬉しかった出産祝いになっていきます。
どちらかと言うと、出産祝いの方が具体的にあれやこれやと出てきました。

そんなわけでその時に聞いた、もらって嬉しかった出産祝いについてのお話。

 

何と言っても実用的なもの

やはり一番嬉しかったのは実用的なものだったようです。
そんな中でも、みなさんから話あがったのがオムツケーキでしたね。
赤ちゃんのお世話が始まると、オムツは、たくさん消費しますからね。実用的をもらって、よろこばない主婦はいないはずです。
オムツケーキとは、オムツがかわいらしいケーキ型になったもので、見た目も可愛く、中には名入れができるものもあります。
また、オムツケーキは、オムツだけではなく、赤ちゃん用のおもちゃや、タオルがセットになっているものが多いので、ボリューム感もあるので、もらった時のテンションはかなりあがったそうです。
写真を見せてもらいましたが、想像した以上に大きくて、これは嬉しいだろな、と思いました。

 

 

意外に嬉しい便利グッズ

あとは便利グッズなんかも嬉しかったようですね。
赤ちゃんが産まれる前には、病院からもらった出産準備リストや、マタニティ向けの雑誌で、いろいろ基本的なものを準備しているらしいんですね。
哺乳瓶や消毒ケース、肌着やお洋服、ベビーバスなどなど。
でも、なかなか便利グッズまでは気がまわらない。
そんな中でも特に便利だったのが、おしり拭きウォーマーだったようです。
これはオムツ替えのときに使うアイテムです。
オムツ替えの時に、たいていはおしり用ウェットシートを使うと思いますが、それを温めておくアイテムです。

 

確かに自分で汗拭きシートを使うとき、季節によってはひんやりと感じてしまい少し不快に感じることもありますよね。
赤ちゃんはその不快さをオムツ替えのときに毎回感じているわけなんですね。
それを解決するのがおしり拭きウォーマー。
おしりウォーマーで温めておいたおしり拭きを使うと、心なしか赤ちゃんもご機嫌でオムツ替えをさせてくれるようです。
しかも、この温かいシートで拭くと、うんちなどの汚れもよく落ちるらしいんですね。おしっこのかぶれなんかにもなりにくく、普通のウェットシートより清潔に保てるようです。もちろん、これに関してはあくまでその人の個人の感想で、おしり拭きウォーマー自体にそういった効果があるわけではないので悪しからず。

 

いずれにせよ、こういったものは、出産直後はあまり分からず、産後もなかなかお店に出かけてゆっくりと見れないので、存在していることにも気がつきません。
でも1日に何回もするオムツ替えの時に毎回使える、お母さんにも赤ちゃんにも嬉しいグッズです。
そういったものもプレゼントするのも良いかも知れませんね。

 

コンビ Combi おしり拭きあたため器 クイックウォーマー LED+ネオンオレンジ 上から温めるトップウォーマーシステム
by カエレバ

 

自分では買わないけど、本当は欲しい物

赤ちゃんが産まれると、いろいろ毎日忙しいのですが、少したつとお世話も手際よくなり、ペースが出来上がって少し生活に余裕が出てくるとのこと。
赤ちゃんも少しにぎにぎなどで遊ぶようになってきます。
そのころに気になり始めるのが、知育玩具。
中でも嬉しかったのは、月齢が長く遊べるベビージムだったようです。
可愛らしいマット状になっていて、そこに柔らかいふかふかしたアーチ状のバーが渡してあります。
アーチ状のバーには、ユラユラ揺れるカラフルな柔らかいソフトトイがついている商品です。
小さいうちはマットに寝ながら遊べます。カラフルなトイを目で追ってみたり、ユラユラするソフトトイに手を伸ばしたり、足で蹴ってみたり、なかなか運動や体操にもなるようです。
中には音が鳴るものもあるみたいですね。
このマット以外にも、知育玩具はたくさん出ていて、子供の興味をひきだしたりするような面白い商品もたくさんあります。
玩具などはわざわざ自分でそのためだけには買いに行かないので、貰うととても嬉しいよう。
プレゼントするタイミングによってはそういったものも選んでみてはいかがでしょうか。

 

フィッシャープライス レインフォレスト・デラックスジムII DFP08
by カエレバ

 

さてさて、今回は出産祝いについて書かせて頂きました。
プレゼント選びの際に参考にして頂ければ幸いです。

 

ではでは、また。

www.kurukurubiyori.com