くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

テレビ録画用のHDD。コスパが良いのはこれ!!

みなさん、こんにちは。
今回は録画機器のお話。

 

テレビの録画に、みなさん何をお使いですか?

 

ブルーレイ録画再生機能付のHDDでしょうか?

 

でも、あれって意外に高価。

 

ましてや、僕はブルーレイやDVDプレイヤーについては、だいぶ前に購入したPS3が、まだまだ現役なんですね。
なので録画機能さえあれば良いんです。

 

で、僕が選択したのは、IOデータのREC-ONという商品。

I・O DATA HVTR-T3HD1T
by カエレバ

どういう商品かと言いますと、チューナー部分があり、そこに外付けHDDをUSBで接続して使用します。
なので、HDDの容量がいっぱいになれば新しいHDDを付ければ無制限で録画できちゃいます!!
(まぁ、無制限に録画する人はなかなかいないとは思いますが...)

そう、内蔵式ではないので、購入する際にはHDDのご準備をお忘れなく。また、対応しているテレビの確認も忘れないようにして下さいね。
購入したは良いけれど、対応していなかった...となるとやり切れなさと途方にくれる感がハンパないですから。

 

そう言えば僕は最近知ったのですが、テレビに直接、外付けHDDを付けて録画できたりするじゃないですか?
あれって、そのテレビでしか見られないの知ってました?
録画データが入ったHDDを別のテレビに繋いでも見られないんです。
最近は大丈夫なHDDも売ってたりしますが、やはり割高。

 

それを考えれば、このREC-ONはコスパが実に良く、使い勝手抜群です!!

 

これを購入するまでは某メーカーのものを使用していたのですが、そちらは録画した番組の画質が少し悪かったんですね。

 

でも、このREC-ONはそんなこと全くありません。
放映時のままの画質です。

 

その画質もですね、自分で選べるようになっています。
画質は悪いけどたくさん録画したい人、録画は貯めてはおかないので画質が良い方が良い人などなど。
そんな人たちのために録画した映像の画質を選べるようになっています。

 

僕は上から二つ目にしています(デフォルトがそうなっていたので...)。

 

I・O DATA HVTR-T3HD1T
by カエレバ

機能的にもトリプルチューナーで裏番組の録画も、裏裏番組の録画もできちゃいます!!

 

更にはですね、Wi-Fi ルーターに有線で繋ぐと、録画した番組をスマホやタブレットなんかでも見られるんですね。

僕は防水カバーを付けて、お風呂にスマホを持って行って録画した番組を見ていたりします。

 

スマホやタブレットで見る場合にはアプリをダウンロードする必要がありますのでご注意を(と言っても、App Store などからダウンロードし、インストールするだけなんですが)。

 

そして、そのアプリを使うと、録画した番組だけでなく放映中の番組も見られるので、結構便利。
キッチンでニュースを見ながら料理を作ったり、サッカーの試合観戦中にトイレに行きたくなってもスマホを持って行けば、決定的なシーンを見逃すことはありません。

 

また、連続ドラマなどの毎週録画したい場合ももちろん簡単に設定できますし、キーワードやジャンル指定で自動録画もできます。

 

そんなREC-ONですが、チューナーだけでの販売もしていますが、僕は1TBのHDDとのセットを購入しました。

 

1TBでどれくらい録画出来るかと言いますと、
•高画質モードで130時間
•3倍圧縮モードで258時間
•12倍圧縮モードで1,091時間
だそうです。

 

1,000時間って...。
1日2時間ずつ観ていっても500日かかります。
でも、観終わった頃には、また録画データは貯まっていて...。
録画地獄ですね...。

 

120分のVHSを知っている世代からすると、この目覚ましい文明の進歩には驚愕せざるを得ません。

I・O DATA HVTR-T3HD1T
by カエレバ

さて皆さんは録画にはどんな機器を使用していますか?

 

ではでは。