くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

なぜ悪口を言う人は悪口を言うのか

みなさん、こんにちは。

今回のタイトルはなんだか禅問答みたいなタイトルですよね。
 
悪口を言うから「悪口を言う人」になるのだから、「悪口を言う人」が悪口を言うのは当たり前だ、としごく真っ当な正論で、半ば早口言葉的に突っ込まれそうですね。
 
えぇ、まぁ、その通りなのですが•••。
 
でも、ちょっと思いませんか?
 
そもそも悪口を言う人って目的は何なのでしょう、と。
まずはそこから考えてみようと思います。
 
例えば、
悪口を言うことで、世の中が良くなる。
悪口を言うことで、人間関係が良くなる。
悪口を言うことで、収入が増える。
悪口を言うことで、モテる。
悪口を言うことで、夢が叶う。
 
まぁ、そんなことはないですよね。
もしも、そうだとしたら世の中、悪口だらけになっちゃいます。
収入が増えるなら、僕だってあることないこと、ベラベラと悪口を言いふらしちゃいます(笑)
 
つまり、悪口を言う人はそう言う目的では言ってはいないことになります。
では、どんな目的を持って言っているのか。
 
悪口を言うと、スッキリする。
悪口を言うと、自分を正当化できる。
悪口を言うと、嫌いな相手の嫌なところを広められる。
 
まぁ、悪口の目的といっても大体はそんなところですよね。
そんなに大した目的ではない。
(悪口ではないのですが、愚痴というのもスッキリしたい、他人に共感して欲しい、という目的がありますが、悪口と愚痴は似ているようで異なると思いますので、ここでは除外したいと思います)
 
さて、ではでは、悪口を言うことのデメリットってどんなことがあるのでしょうか。
 
悪口を言うと、信用を失う。
悪口を言うと、人が離れていく。
悪口を言うと、いつかは自分に返ってくる。
悪口を言うと、人間関係がギクシャクする。
悪口を言うと、仕事がスムーズに回らなくなる。
悪口を言うと、他人に不快な思いをさせる。
悪口を言うと、周囲のモチベーションが下がる。
などなどなど。
 
悪口を言うことのメリットよりも、デメリットの方が圧倒的に多いんじゃないでしょうか。
 
そうと分かっていても悪口を言う人がいなくならないのは、やはりスッキリする、と言うことと、自分を正当化できると言うことが大きいんじゃないでしょうか。
 
スッキリするために悪口を言う。
これは自分の中の不満を吐き出す行為。
まぁ、ストレス解消ですね。
 
でも、これって実はストレスをより貯めることになるって知ってました?
なんとですね、悪口を言うと、自分が悪口を言われているのと同じストレスを感じるらしいのです。
 
どう言うことかと言いますと、自分が言った悪口が耳から入ると、主語が曖昧だと、それが誰に対しての悪口かまでは脳は判断できないんですね。
なので、自分が悪く言われているのと同じぐらいのストレスを感じてしまう。
 
うーむ、脳って意外に汲み取らない。
 
そしてもちろん、悪口を聞いている人も同様のストレスを感じます。
悪口を聞いているとイヤーな気分になるのはそれが原因だったんですね。
 
そして、「悪口を言う人」が悪口を言うもう一つの理由。
自分を正当化出来ると言うもの。
 
人間というのはですね、自分が正当化されると、とても気持ちが良いもの。
「承認欲求」と言う言葉もあるぐらいですからね。
 
それって正義を振りかざすのが気持ち良いのと同じ感覚に近いのではないでしょうか。
正義を振りかざすときには、人は自分が無敵になったような感覚になります。
「自己肯定」と、「人間関係でマウントを取る」と言う両方が実現できますからね。
 
他人の悪口を言うというのは、その疑似体験を得られる行為なのかも知れません。
 
また、自分に自信がない人ほど他人の悪口を言う傾向があるような気がします。
例えば、商売が上手くいっていない会社の社長さんは、自社の売上が悪いのを競合他社のせいにしたり、従業員の能力のせいにしたりする傾向が強い気がします。
けれど、商売が上手くいっている会社の社長さんは、自社の売上状況を従業員の能力のおかげだと言い、競合他社のとの差別化のおかげだと言います。
 
なんだかそれと似ています。
 
自分に自信がない場合、または自分の評価が社会の中で低いと感じている場合。
自分以外を否定する事で自分を肯定したり、自分を評価している制度を否定することが自分が肯定する何よりの近道です。
自分の立ち位置よりも周りの人、あるいは、周りの価値観を低く言う事で、自分がマウントを取れた気になりますからね。
 
でも、それってただの錯覚。
現実は変わらないですからね。
それに気づくと「悪口を言う人」は余計に悪口を言い始める。
 
うーむ、絵に描いたような負のスパイラルです。
 
さてさて、そろそろまとめに入りたいと思います。
 
そう、「悪口を言うヒト」がなぜ悪口を言うのかと言うと、ざっくり言うと自分の現状に満足していないから。
 
でも、それって負のスパイラルを自分で選んでいること。
 
満足できていないなら、何かしら改善する努力を始めると意外にあっさりと正のスパイラルが動き出すことだってあります。
そう自分にも言い聞かせて、悪口を言わないようにしていきたいと思います。
 
ではでは、また。