くるくる日和

色々なことをくるくると紡いでいきます。

WEBディクターって何をするお仕事ですか?

さてさて、僕はいま常駐案件で、とあるマーケティング会社にてWEBディクターをしています。

 

マーケティング会社なので、みんながみんなWEB制作のことを詳しいかと言うと、そういう訳ではないんですね。
集計、分析するチームがいたり、クライアントの窓口担当の営業のチームだったり。

その中で、僕はクライアントの窓口もやりつつWEBプロモーションや、WEB制作なんかを行なう部署にいます。

 

それでですね、最近新しいヒトがうちの部署に入ったんです。

 

その人はWEBについてはあまり詳しくなくて、初めは専門性の低い仕事から始めてもらって、徐々にディレクションなんかも行なってもらうようなんです。

 

僕が持っている仕事もいくつかはその人に引き継ぐことになって、業務についてのレクチャーを最近してるんですね。

 

そのレクチャーの中で「WEBディレクターって具体的にどんなことやるんですか?」って聞かれたんです。

 

コンテンツ制作の舵取りだったり、プロモーションの提案だったり、進行だったりするんですが、そう伝えてもあまりピンと来てない様子。

 

まぁ、そうですよね。
中身が分からない箱を見せて、これが「ヴェノーバ」ですと言ってるようなものですからね。
「ヴェノーバ」が分からないと何のこっちゃ分かりませんからね。

 

あ、ちなみにヴェノーバとはこれです。
最近、少し僕が気になっているものです(笑)。

 

専用ケース付 YAMAHA / Venova
by カエレバ

 

うーむ、と考え込んでしまいました。

 

そこで、WEBディレクターというのは何をやるのか今回、まとめてみようと思います。

 

もちろん、WEBディレクターとひと口に言っても、会社によって、業界によって、行なう範囲は変わるかと思います。
なので、まぁ、基本的なことについてになるかなぁ、と思います。

 

クライアントの要望抽出

まずですね、クライアント様とのやり取りですね。どういうサイトを作りたいのか、どういうコンテンツを作りたいのか、どういうプロモーションを行ないたいのかを聞くことから始まります。

 

ここでは話を聞くだけではなく、相手が何を求めているのかを正確に抽出することが大事です。
WEBのことに詳しくないクライアント様ですと、ざっくりとした要望しか持っていない場合がありますので、そこは「誰でもわかる言葉」で深掘りしていく必要があります。

 

ここが結構重要で、進むべき方向や角度を見誤ったまま発信すると、時間を追うごとにクライアントとの認識と違ったものになっていってしまいます。

 

また、制作やプロモーションが進んでいく中でも、こまめな確認を取るようにしています。
やはり、大きな金額が動く時がありますので、フタを開けたらまるで違うものが出来ていた、となると責任が取れませんからね。

 

そんなことにならないために、もう後戻りが出来ないラインをマイルストーンとして設定しておくことも重要ですね。
そして、それももちろんクライアント様と共有しておきます。

 

そう、WEBディレクターというのは、コミュニケーション能力がとても重要だったりします。

制作開始

今回は、WEBサイト制作を案件として説明します。

 

クライアントからの要望を聞いたら、要件定義としてまとめます。
要件定義とは、クライアントにこういうことですよね、と確認しつつ、デザイナー、コーダーに共有するサマリーみたいなものですね。

 

社内にデザイナーやコーダーがいる場合は、そのままデザインに進むのですが、代理店やウチみたいな会社は外注先選定作業が発生します。

 

外注先選定は、もちろん、ゼロから制作会社を探すのではなく、普段お願いしている数社の中から、得手不得手を鑑み、選定し、スケジュールとリソースの確認をする形となります。

 

工数を踏まえて、スケジュールを引くこともWEBディレクターの仕事の一つですね。

さて、ベンダー確保が出来たら、制作開始です。

ワイヤーフレーム作成

デザインの前の段階の設計図をディレクターが作成し、参考サイトなどと合わせてクライアントに確認します。

 

そう、それをワイヤーフレームと言います。

 

グローバルナビやコンテンツエリアなどがブロック分けされ、長方形の組み合わせで、まずはそれぞれの要素の配置を決めます。
見た目的には、漫画のコマ割りのようなものになりますかね・・・。

 

このワイヤーフレーム作成の段階で注意すべきことは、クライアントがそのサイトを制作することで何を達成出来ると思っているか、を把握することですね。

 

サイト訪問者の次のアクションとして、問い合わせに持って行きたいのか、サービスの概要の説明を見せたいのか、料金一覧を見せたいのか。
それによってワイヤーフレームは結構変わります。
ここはクライアント様と擦り合わせて、何を最優先させるかがポイントです。

 

これは、TOPページと下層ページのテンプレートの2パターン作る場合もありますし、下層ページをそれぞれ異なったワイヤーフレームを作成する場合もあります。

 

デザイン作成

そのワイヤーにOKが出れば、デザイン作成です。

 

デザイナーの方がワイヤーを元にデザインを組みます。
パソコンで見るバージョンとスマホで見るバージョンを作成します。

 

ワイヤーフレームに沿ったものか。クライアント様の意向に沿ったものかをディレクターは確認し、問題なければクライアント確認に回します。

 

コーディング

デザインでOKが出れば、次はコーディングですね。
デザインに沿ったものをコーダーの方が形にしていきます。

 

バナーなどでマウスオーバーで挙動があるものや、ドロップダウンの挙動など動きのある部分はここで実際に確認をします。

 

もにろん、デザインと同じものかの確認も行ないます。
デザインとコーディングでは、微妙に違ったりもするので、そこも微調整していきます。

 

ブラウザもchromeだったり、firefoxだったり、IEなどで確認します。
スマホやタブレットなどでも閲覧し、問題がないかを確認します。

 

問題がなければ、テストアップされたものをクライアント様にも確認して頂き、修正依頼が無ければ、本番環境にパブリッシュします。

 

そして、サイト公開となります。

 

今回は原稿チェックなんかについては省きましたが、テキストが間違ってないかのチェックなんかもします。

 

とりあえずは、ざっとこんな感じのことを、WEBディレクターという職業は日々行なっております。

 

制作だけひたすら行なうと効果検証の機会がないので、自分の制作したものがどうだったかというのが分かりません。
なので、僕はその後の運用も含めての案件があると大変ありがたいな、と思います。
いかに効果的なサイトを作れるかは、やはり運用も含めて経験しないと分からないですからね。


以上がWEBディレクターのざっくりとした仕事内容となります。

 

WEBディレクターという職業に興味があるヒトの参考になりますと幸いです。

 

ではでは、また。